感情的価値ブランディング

マーケティングにおける用語「感情的価値」とは、
その対象に対して気分的に好きか嫌いかで判断している部分になります。

参照:感情的価値とは?意味と使い方獲得方法解説

同じ機能や能力(機能的価値)があるものであれば、
自分が感情的に好きな方から購入したいと思うものです。

感情的価値とはブランディングにおける価値部分の一部です。
この感情的価値も高めていくことでより高い成約率を目指していきます。

感情的価値

感情的価値の獲得は自身の理念と行動方針を中心に獲得していきます。

ネットビジネスにおいては、
「ゆっくり共感していき、だんだんと好意を得ていく」流れが多いです。
感情的価値の高め方は「行動理念」「指針」「人間性の基本的なエチケット部分」
このようなものを基本的に押し出していきます。

感情的価値の高め方

感情的価値の高め方は、「自分に対して好意を持ってもらう」ということです。
人としての基本的なエチケット、思いやり、そのような行動を意識するところから始めます。

  • メールの返信
  • ブログやメルマガなどから送られてくるメールの問い合わせに対して
    きちんと返信していきます。
    問い合わせメールにきちんとなるべく早いタイミングで返信していくことにより
    相手にとって好印象を獲得していきます。

  • スカイプでの音声通話
  • スカイプでの音声通話はとても感情的価値を上昇させます。
    実際の声を相手に届けることにになるので、人間的な触れ合いが感じられます。
    売り込みを意識しないで通話相手の求める内容を音声で伝えていきます。

  • プレゼントを贈る
  • これは「稼ぐ系ネットビジネス」ジャンルであれば、
    音声・動画・PDFなどで作成したコンテンツ等でもいいです。
    ただし相手がもらって嬉しいものである必要があります。

感情的価値をコントロールして高める

感情的価値は、
こちらのアプローチ方法を意識することによりコントロールすることができます。
対象に対して様々な方法で感情に訴えかけていきます。

感情的価値のコントロール方法は具体的に以下の手法などがあります。

  • 類似性の主張
  • 単純接触回数増加による効果
  • 共通敵の設定

それぞれの方法を解説していきます。

類似性の主張

相手との共通点・類似性を強調することにより、共感を得ていきます。
共通点がある相手には、ない相手よりも親近感を感じやすいものです。
それを強調していきます。

  • 趣味
  • 出身地
  • 家族構成
  • 年齢

このような基本的な部分から類似性をアピールしていき、
自分と同じような境遇の属性を集客しやすくなります。

以下は同じような境遇の属性を意識したサイトタイトルの決定例です。

  • 元ニートがアフィリエイトで50万稼いだブログ
  • →ニートや無職の属性に対して集客しようとしているブログタイトル例

  • 元東大生がネットビジネスで稼いだブログ
  • →大学生の属性(エリート大学生)に対してメッセージ発信しているタイトル例

  • 副業サラリーマンがこっそり100万稼ぐアフィリエイトブログ
  • →現役サラリーマンもアフィリエイトで稼げることをアピールしているタイトル例

また上記のこのような具体的なキーワードを使うことによって、
発信者のパーソナルイメージを固めることにも繋がります。

このような属性意識の先に、より強固な共通の目的を提示することにより
更なる帰属意識を獲得して感情的価値を高めることができます。

  • サラリーマンは将来不安だから、自分で稼げる力を養おう。
  • →会社勤めに限界を感じている属性が集まってくる。

  • 就職活動をやめてネットビジネスで起業しよう。
  • →就職活動に疑問を感じた大学生が集まってくる。

  • ネットビジネスでコピペで稼いで六本木ヒルズに住もう!
  • →自己顕示欲の強い人が集まる。

アフィリエイトやネットビジネスを題材にして、
ブログタイトルや発信内容の集客属性に類似性を盛り込んでいくことが効果的です。

共通点や類似性を利用することにより、より感情的価値を獲得していきます。

単純接触増加による効果

人間は接触回数が多ければ多いほど、接触対象に対して好意を感じていきます。

その部分を利用して、読者とコンタクトを取れる機会を増やしていきます。
当然ながら、良い評価につながるコンタクトをしていきます。

  • メルマガの送信回数を増やす。
  • ブログの更新頻度を増やす。
  • スカイプ通話の回数を増やす。
  • 検索エンジンでサイトを見つける回数を増やす。

人は馴染みになると、より親近感や好感を感じていきます。
良い印象を与えるコンタクト回数を増やしていきます。

共通敵の設定

人は共通の敵だったり共通の打倒すべき目的が出現した時に
強い団結力・団結意識を持ちます。

ここでいう「共通の敵」は、個人だったり具体的な何かにするよりも
抽象性をあげた厳しい環境だったりを仮想敵として設定して、
それを脱却するために一緒に努力しよう!という姿勢が推奨されます。

共通敵の設定例
  • 過酷すぎる労働条件のブラック企業
  • 全く就職にも適さない大学生活
  • 不安な将来を感じる現状

このような現状への不満だったり、不遇な状況を仮想敵として、
それを脱却するためにネットビジネス・アフィリエイトに取り組んでいこう、
と主張するような情報発信手法が有効的です。

感情的価値の獲得方法まとめ

感情的価値はネットビジネスの場合は「ゆっくり共感・好意を得る」ことが多いです。
機能的価値とあわせて、徐々に信頼を獲得していきます。

  • メール返信をきちんと返したり、人として相手を尊重しマナーを守る。
  • プレゼントを贈り、感情的価値をあげる。
  • 類似性を打ち出していき、コンタクト回数を増やす。
  • 共通敵の設定により、団結意識を形成して目的に向かう。

機能的価値と共に感情的価値も獲得に勤めていきます。

このようなブランディングを形成していくことにより、
情報発信メルマガアフィリエイトでの成約率向上を目指していきます。

新発売フィードマティック!ブログ自動投稿とTwitter連動で半放置でアクセス誘導‼


100万円を稼ぐ無料メルマガにご登録ください!


お名前 必須
メール 必須

コメントを残す





関連記事一覧