ブランディング自己本体価値

ブランディングを形成する要素としての自己本体価値とは、
自分が演じているキャラクター設定の部分を指しており、
自分自身本体部分が持つ他者からみた存在価値そのものを指しています。
(いわゆるペルソナ

自己本体価値

ネットビジネスでの情報発信などでは、
わざと自分本来の姿と別のキャラクターを演じて自己本体価値向上を目指す場合もあります。

自己本体価値は、機能的価値感情的価値を強化しつつ
更に自分自身のセルフイメージによって作り上げていくものです。

何も作りこまないキャラクターよりも、自分自身の高いセルフイメージを体現していくことにより、
「特別な人」として認識されることによりブランディングの獲得を目指します。

自己本体価値の高め方

自己本体価値とは、自分自身のキャラクター設定ひとつです。
どのような自分の姿を読者に向けてつくりだして公開していくかを計画し、
ブランディングを構築していくかを考えて実践します。

参照:ブランディングとは?ネットビジネスにおける「教育」戦略とやり方解説

  • ペルソナをつくる
  • 普段の自分と違う仕事モードの自分をつくりあげ、それを徹底していきます。
    それにより、以下のような良い印象を与えていきます。

    「あの人はビジネスに異常にストイックな人なんだ」
    「あの人についていけば間違いない」
    このような認識を与えていきます。

  • 高いセルフイメージ
  • 自分のキャラクターをつくる際に、重要な部分があります。

    • 人の役にたつ思考
    • 向上心と視野の拡大
    • 誇り・自信・充実感
    • リーダーシップ・責任感

    このような部分をクローズアップして自分のキャラクターを作り上げていきます。

  • 自分の軸を持つ
  • 自分のキャラクターをつくり、高いセフルイメージを持った際に大切になるのは
    「自分の軸」を持つことです。

    自分の世界観を再優先にしていき、自分の軸となる考え方を実践していきます。
    それにより、その軸の考え方に共感する属性を集めていきます。

    自分の軸は、基本的に振らさないずらさないで実践していきます。

  • 希少性を打ち出す
  • 自分のコンサルティングは人数限定だったりと打ち出すことにより
    希少性を打ち出していきます。

    希少性を感じることで、
    より優遇されていると読者が感じることにより、自己本体価値が高まります。

他者による引き上げ

すでにブランディングが認知されている他者から紹介してもらうことにより
自分の自己本体価値を一気に引き上げることが可能です。

紹介してもらう場合は、以下のようなコンテンツを紹介してもらいます。

  • 自分がつくったコンテンツ
  • 自分が計画している企画
  • 自分がもつ実力を具体的に紹介してもらう。

他者により紹介してもらう媒介は何でもかまいません。
「メルマガ」「ブログ」など。
なるべく多数の人がその紹介されている情報を手にすることができると効果的です。

ブランディング認知されている他者からの紹介はかなり有効

例えば無料レポートをリリースした時など、
既に実績もありブランディングもある他者から紹介されると、
かなりの効果があると想定できます。

自身のコンテンツなどができたら、
積極的に紹介してもらうと有効な他者を探しておくとよいでしょう。

ブランディング獲得するペルソナ自己本体価値構築まとめ

自己本体価値を高めることにより、普通と埋もれてしまうようなキャラクター設定から脱却します。
特別感を出し、目立たせて、希少感を演出していきます。

  • 高いセルフイメージによるペルソナをつくっていきます。
  • 自分の軸を持ち、希少性もアピールしていきます。
  • 有力な他者による引き上げも利用してブランディングを獲得していきます。

新発売フィードマティック!ブログ自動投稿とTwitter連動で半放置でアクセス誘導‼


100万円を稼ぐ無料メルマガにご登録ください!


お名前 必須
メール 必須

コメントを残す





関連記事一覧