ソーシャルネットワーキングサービスSNS利点活用

様々なSNSを集客に利用していく方法解説

レジュメのダウンロードはこちらから

ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)は有名なサービス以外でも多数あります。

ネットビジネス情報発信での集客に効果的なSNSといえば以下があがります。

  • アメブロ(無料ブログサービス内でのSNS化)
  • Twitter(最も手軽に利用できるSNS)
  • facebook(広告や告知、ブランディングの獲得や身近なコミュニティ作成に利点)
  • You tube(動画コンテンツにコメントできたりチャンネル登録でSNS的利用も)

上記以外のSNSでも集客コンテンツとして利用できるものは多々あります。
集客はできる限りの実践をしていくべきなので、利用できるものはどんどん利用します。

活用できるSNS等をそれぞれ紹介していきたいと思います。

sns集客

なお、
作業した分に対する費用対効果(作業対効果)はかなり重要です。
集客効果が弱い場合は、速やかに撤退していきます。

集客に利用できるSNSや各種サービス

ネットビジネスで多用されているSNS以外でも活用方法次第で有効に利用できるものはあります。
こちらではまだまだ可能性のあるSNSを解説していきます。

  • mixi
  • 日本で一時は一世を風靡したSNS。
    匿名性が増えてきてことや様々な理由でアクティブユーザーが減ってしまった印象を受ける。
    コミュニティ運営などで地道に活動しているアクティブユーザーを狙うのは有効。

  • Gree
  • 老舗のSNS。
    ゲームは一時期盛り上がっていたが、SNSの方アクティブユーザー減少している。
    一時期は「大人のSNS」的な雰囲気もあったので、
    その部分で現在も活用している生き残りがいれば集客できそう。

  • Google+
  • GoogleのSNSということで、今後の期待がかかるSNS。
    AKB48のメンバーがスポークスマンとして打ち出されているが、
    いかんせん日本ではまだまだ浸透度が低い。

    ただ、Google+の+1する検索エンジン上の効果やその他SEO的なことも考えると
    アカウントをつくっておくことが推奨されるSNS。
    このSNSで集客する方法が見つけられると、
    グーグル+集客のパイオニアになれるので素晴らしい成果が期待できる。
    (2014年11月現在状況)

  • モバゲー
  • ゲームが有名なSNS。相変わらずユーザーは多い。
    様々な社会的な事件もありユーザー管理は厳しい。
    ネットビジネス稼ぐ系案件への集客誘導方法が課題。

  • アメーバピグ
  • アメブロのバーチャルワールド人形版のセカンドライフ。
    ピコピコ自分で操作することが必要なので作業に時間がかかる。

    うまく利用できれば、ユーザー数は多いので効果的かもしれない。

  • 食べログ レビュアー
  • 食べログのSNS。
    話題が食事なので、そこからどうやって稼ぐ系ネットビジネスに持っていくかが課題。
    趣味と実益がリンクすれば効果的か。

  • その他、日本のソーシャルネットワーキングサービス等
  • 多数のSNSが存在していますが、活発に利用されているSNSで集客することが重要です。
    SNS内で活動しているユーザーの属性も意識して集客していきます。

Yahoo!知恵袋からの集客

Yahoo!知恵袋は、検索エンジンにもつよく閲覧者も多いコンテンツです。
このYahoo!知恵袋をうまく使って集客することが可能です。

Yahoo!知恵袋はSEOにも強いサイトなのでSEOでのサイト強化に利用することもできます。

知恵袋バナー
参照:Yahoo!知恵袋

Yahoo知恵袋の利用方法

Yahoo!知恵袋は質問を投稿して、有志が答えていくWEBサイトです。
ここで質問者の回答に適切な回答をしてベストアンサーに選ばれると、回答記事が保存されます。

このベストアンサーを獲得した回答記事に「参考サイトのURL」を掲載しておき、
運営ブログなどへ誘導することが出来ます。

これにより検索エンジンにも記事URLは強くなり、
その事柄を知りたい属性に有効な情報提供となるので、
ヤフー知恵袋の回答ページより濃いアクセスが期待できます。

ヤフー知恵袋利用の注意点

一度ベストアンサーを獲得した回答記事は削除できないので、その回答内容が残ってしまいます。
なので、ビジネス系サイトURLを貼り直接誘導することがリスクある場合は、
他のサテライトサイトなどを介して誘導していくのもよいでしょう。

Q&Aサイトでは横展開可能

このようなQ&Aサイトを利用した集客手法はYahoo!知恵袋以外のQ&Aサイトでも実践できます。
Q&Aサイトはサイト自体の検索エンジン評価が高いのでSEO効果も期待できます。

Yahoo!オークションからの集客

Yahoo!オークションことヤフオクは転売やせどりを行うことにより、
直接的な報酬を発生できるヤフーが運営する取引サービスです。

個人でも法人でも様々な用途で商品販売、取引が行われています。

このヤフオクを実はネットビジネス稼ぐ系メルマガ集客にも利用することが出来ます。

ヤフオクバナー

ヤフオクからの集客は以下の2つのパターンがあります。

  • 1円即決情報提供パターン
  • せどり商品販売と同時に

それぞれ解説していきます。

1円即決情報提供パターン

ヤフオクでよく「1円即決!」のような商品があります。

以下の画像赤枠内のものがそれに該当します。
ヤフオク1円即決バナー
このような1円で販売できる商品として「メルマガ登録促進用の商品」を掲載します。
「注目のオークション」などに掲載することで露出していき
興味を持った層への1円即決を促していきます。

これによりネットビジネスでのメルマガ読者を獲得していきます。

せどり商品販売と同時に

こちらはせどりや商品販売をやって実利を上げている人向けの方法です。

ヤフーオークションで実際に商品が購入されて商品発送する際にチラシ(手紙)を同封します。

「私はインターネットで稼いで生活しています。
簡単な作業で数万円の副業にはなりますので、
よかったら無料メルマガ登録してみませんか?」

上記のような文面のチラシなどを同封して、メルマガ登録を促進していきます。

ヤフオクなどを利用する人は、インターネットの利用に精通している方が多いので、
アフィリエイトやネットビジネスに興味をもっている可能性もあります。
アタックできるところはアタックしていきます。

集客作業の注意点

様々あるソーシャルネットワーキングサービスですが、
「ネットビジネス稼ぐ系メルマガ」への集客に利用する場合は、
「アクティブユーザーが多いか」「作業の費用対効果」を意識して作業します。

作業の割りに成果が薄い場合は速やかに撤退して次をあたります。

インターネットサービスは多数のサービスが登場しますが、ヒットするものは極僅かです。
その中のヒットサービスに着眼できれば、集客コンテンツのパイオニアとなれるでしょう。

様々なインターネット媒体をアイデアひとつで様々な集客方法を実践できるので、
作業比率に見合う成果が期待できるものはどんどん利用していきましょう。

コメントを残す